ホーム » 利用案内/制度 » 先端的計算科学研究プロジェクト

先端的計算科学研究プロジェクト

九州大学情報基盤研究開発センターでは、現在および将来にわたるスーパーコンピュータシステムの高度な利用技術および学術研究を推進することを目的として、高速演算ノードを相互結合した分散共有型並列計算機システムを短期間利用していただく先端的計算科学研究プロジェクトを公募します。
なお、2019年度前期は京コンピュータの運用停止に伴う一般利用の需要増加が見込まれることと、 夏季期間(7月~9月)に省電力対策による縮退運転が予定されているため、プロダクトラン課題の募集は行いません。 2019年度後期のプロダクトラン課題とベンチマーク課題の募集については、京コンピュータ利用者の動向に応じて今後検討する予定です。



テーマは、要素技術の開発・評価、カーネルプログラムの実装、いろいろな分野(流体、電磁波、ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料等)への応用、およびアプリケーションの総合性能評価など、計算科学および計算機科学全般にわたって広く募集します。プロジェクトに関わる利用負担金は徴収いたしません。

2019年度募集要項



過去の採択課題