ホーム » ソフトウェア » IDL / ENVI

IDL / ENVI

最終更新日:2018年6月1日

IDL(Interactive Data Language)は、複雑な数値データから効果的な可視化を行う科学的プログラミング言語です。 小規模な解析プログラムから広く配布されたアプリケーションまで情報を効率的にデータから得るために必要な包括的なコンピューティング環境です。


ENVI は高度な機能をユーザーの視点に立った使いやすいインターフェースで提供するリモートセンシング用の画像解析ソフトウェアです。 ENVIはIDLを用いて開発されました。 IDLを用いてプログラミングを行うことにより独自機能をENVIに追加したりENVIのGUIを起動させずにCUI処理を行うことも可能です。


利用環境

IDL

  • ログインノード(ito)
  • バージョン 九州大学構成員 学術研究機関構成員 民間利用の方
    8.6.1

ENVI

  • ログインノード(ito)
  • バージョン 九州大学構成員 学術研究機関構成員 民間利用の方
    5.4.1

利用方法(IDL)

環境設定

$ module load idl/861

実行方法

グラフィックス機能を利用する場合は、X-Window環境の設定が必要です。
 IDL の起動コマンドはコマンドモードが idl、グラフィックスモード(IDL Workbench)が idlde です。

$ module load idl/861
$ idl
●プロットの表示
IDL> x=findgen(10)    ←変数の作成
IDL> plot, x          ←ダイレクトグラフィックスの表示
IDL> p=plot(x)        ←新しいグラフィックスの表示
IDL> exit             ←終了
●サーフェースの表示
IDL> y=dist(100)      ←変数の作成
IDL> surface, y       ←ダイレクトグラフィックスの表示
IDL> s=surface(y)     ←新しいグラフィックスの表示
IDL> exit             ←終了

利用方法(ENVI)

環境設定

$ module load idl/envi54

実行方法

ENVI の利用には X-Window環境の設定が必要です。ENVI の起動コマンドは
envi または envi_rt です。どちらかのコマンドで起動に時間がかかるまたは
エラーとなる場合はもう一方のコマンドをお試しください。また、ulimit による
以下の制限値の設定もお試しください。

$ ulimit -v 20140000  
$ module load idl/envi54
$ envi

グラフィックス関係のエラーメッセージが表示され ENVI が起動しない場合には、
環境変数 IDL_GR_X_RENDERER に software を設定し、起動をお試しください。
以下は sh/bash での設定例です。

$ module load idl/envi54
$ export IDL_GR_X_RENDERER=software
$ envi

参考資料

マニュアル

ito-portal の以下のディレクトリ配下のPDFファイルを参照願います。

/home/app/IDL/idl86/help/pdf/
/home/app/IDL/envi54/idl86/help/pdf/