情報基盤研究開発センター〕 〔研究用計算機システム〕 〔ソフトウェア一覧

NAGライブラリ


最終更新日: 2016年4月20日

NAGライブラリはNumerical Algorithm Group社によって開発された数値計算ライブラリです。英国内の大学、国立研究所と共同で開発が進められており、それらの成果物が含まれています。

NAGライブラリは高性能演算サーバシステム(tatara)で利用できる他、九州大学所属の教職員または学生であればキャンパスライセンスを利用してローカルの計算機で利用できます。
キャンパスライセンスでのご利用につきましては、下記のページをご参照ください。


利用方法(tatara)

■ 製品名、バージョン、インストールパスは以下の通りです。

NAG C Library (Marc 23) : /usr/local/nag/cll6i23dcl
NAG C Library (Marc 24) : /usr/local/nag24/cll6i24dcl
NAG Fortran Library (Marc 23) : /usr/local/nag/fll6i23dcl
NAG Fortran Library (Marc 24) : /usr/local/nag24/fll6i24dcl
NAG Library for SMP & Multi-Core (Marc 23) : /usr/local/nag/fsl6idcl
NAG Library for SMP & Multi-Core (Marc 24) : /usr/local/nag24/fsl6i24dcl
NAG Parallel Library (Release3) : /usr/local/nag/fdl6i03dcl

■ 環境変数の設定

- Bourne/Korn/bashの場合

(Marc 23) source /usr/local/intel/ics/2012.0.032/bin/ictvars.sh
(Marc 23) source /usr/local/intel/composerxe/bin/compilervars.sh intel64
(Marc 24) source /homecx/etc/intel2013.sh
              export NAG_KUSARI_FILE=pcldap012:

- Cシェル系の場合

(Marc 23) source /usr/local/intel/ics/2012.0.032/bin/ictvars.csh
(Marc 23) source /usr/local/intel/composerxe/bin/compilervars.csh intel64
(Marc 24) source /homecx/etc/intel2013.csh
              setenv NAG_KUSARI_FILE pcldap012:

■ 実行方法

インテルコンパイラのオプションとしてライブラリパスを直接指定してください。

Intel C コンパイラを使用したコンパイル例:

$ icc test.c -I/usr/local/nag24/cll6i24dcl/include -L/usr/local/nag24/cll6i24dcl/lib -lnagc_nag -o test.out

※インテルコンパイラの使用方法については、「Intel Cluster Studioの利用方法」およびインテルコンパイラの製品マニュアルを参照してください。

■ マニュアル

[NAG C Library]
 (Marc 23) /usr/local/nag/nagdoc_cl23/
 (Marc 24) /usr/local/nag24/nagdoc_cl24

[NAG Fortran Library]
 (Marc 23) /usr/local/nag/nagdoc_fl23/
 (Marc 24) /usr/local/nag24/nagdoc_fl24

[NAG Library for SMP & Multi-Core]
 (Marc 23) /usr/local/nag/fsl6i03dcl/
 (Marc 24) /usr/local/nag24/fsl6i24dcl

[NAG Parallel Library]
  /usr/local/nag/fdl6i03dcl/

[ユーザーノート]
  NAG Fortran Libraryダウンロードページ
  ※高性能演算サーバシステムにはNAG Product Code: FLL6I23DCLと記載されている製品が導入されております。