ホーム » お知らせ » センターニュース » 2016年度 » 熊本地震に対する支援窓口開設のお知らせ

このたびは熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 

九州大学情報基盤研究開発センターでは、熊本地震により被災されたエリアへ
お住まいの皆様の研究活動の継続を支援することを目的として、専用窓口を開設しました。

窓口では以下の支援を行っております。
また、これに関わらず研究支援に係るご相談を広くお受けいたします。

 ・研究スペースの提供
  震災のため本学HPCを利用した研究を行うための設備を確保できない方については
  九州大学情報基盤研究開発センターの空きスペース及び情報機器(デスク/PC/ ネット等)を
  ご提供させて頂きます。スペースのご希望についてはご相談下さい。
  なお、スペースの関係でご希望に添えない場合もございますのでご了承下さい。

 ・計算機利用負担金請求の延期及び減免
  被災された事務組織の経理処理の負担を考慮して、負担金の請求は年度末に
  一括して行います。また、利用負担金の減免についてもご相談を受け付けています。

 ・計算機資源の優先度向上
  主に共有タイプをご利用の方に対して、震災のための利用計画の遅延により、
  利用できる時期が後期に集中する場合には、利用再開が可能となる時期に応じて
  ジョブの優先度の設定変更なども検討いたします。
  詳細についてはご相談下さい。


支援に関するご相談・お申し込みは窓口までご連絡下さい。

  熊本地震HPC研究支援窓口
  shinsai_shien[at]iii.kyushu-u.ac.jp
  092-802-2683  九州大学 情報システム部 情報基盤課